カイトボード・カイトサーフィン専門店 東京・千葉・湘南・埼玉エリア!
  カイトボードとは
  必要な道具
  上達に良い条件
  安全に行える条件
  どんな方でも
  風の特徴・特性
 
ユニバーサルカイト  〒293-0001 千葉県富津市大堀957-1  電話 0439-87-6244
ユニバーサルカイト  カイトサーフィン・スクール  カイトサーフィン・ショップ  カイトボード・カイト販売  カイトサーフィン・カイトボード カイトサーフィン・カイトボード中古 カイトボードパーツ カイトボーディングとは? カイトボードに必要な道具 カイトボード・ゲレンデ カイトサーフィン・スクール料金 カイトサーフィン・スクール流れ カイトボードスクール申し込み方法 IKOカイトサーフィンスクール IKOカイトボードスクール カイトボード・トリップ  スタンドアップ・パドルボードスクール スタンドアップ・パドルボード販売・通販

 【ショップ カイトボード】 カイトサーフィン ・ カイトボード ・ カイトボーディング ショップ !

 

その理由とは?

1、 特別な体力を必要としない事
2、 風や海の状態を把握する事で、安全に行なう事が出来る事
3、 誰にでも水上を走る爽快感を得る事ができる事
4、 カイト操作や道具の選択により性別年齢を問わず行なえる事





 
 
カイトボーディングはカイトから得られる力を利用して行なう訳なのですが、そのカイトから得られる動力を腕等で支えている訳では有りません! (疲れるようなスポーツならば私はしていない!)
ハーネスという腹巻 (ベルト) をのような物を腹部に装着し、カイトから得られる力をラインを通してハーネスにラインを接続して体を支えます。 よって腕や腰が非常に疲れる!っといった事は特に有りません! (あくまで普通に走れる程度で)3,4秒ぐらいならば手放しで走り続ける事さえも出来ます。またむしろ歩くよりも楽なくらいです。

では、その理由を説明します。まず水上で自分の体を支える為には理由があります。
一つはカイトから得られる揚力により自分の体重がカイトに浮かされて軽減するからです。カイトに引かれる方とは逆の方に体を傾ける事により、バランスが保つ事が出来るからです。感覚的には壁にもたれかかるような感じ!
 
 ここで下の二つの写真を見て下さい!

 
 どちらもカイトとは反対側に体を傾けて体重をかけているのがわかリますか!顔には笑みをべていて、気張って力を入れているようには見えないハズです!
皆さんが思っているよりも体力を必要としません!もう一つはボードの浮力を使う事により、自分の体重を支えてくれます。
初心者の頃はカイトを上手く操作が出来ず上手くバランスがとることが出来ません!そんな時には大きなボードを使いバランスを崩してもリカバリーしてくれます。本当に簡単に走る事が出来ます!

( ここで初心者の皆さんにお伝えしたい、最初から小さいボードを購入しないで大きなボードで練習をして下さい! 大きなボードでも十分に楽しいですし、ボードに乗っている時に余裕が生まれる為、カイトを振る練習が出来る為上達が促進されます。) 

コントロールバーの操作の成熟度により、より体力を必要としないで行なえる事です。
カイトボーディングの上達の秘訣はカイト操作に尽きると言っても良いくらいです。
 
 
カイトボーディングは水上に立って行なう訳ですが、その為には大きく分けると、風の強さに合わせたカイトの大きさの選択、状況にあわせたボードの大きさ等の選択が重要になります。

まずボードですが主に体重を支えるのに大変役に立ちます。大きいボードであれば中々沈みにくい為、安定した走り出しやプレーニングが可能になります。 また動力源となるカイトですが、風の強さに合わせて大きさをチョイスすれば、あまり操作することなく走る事さえ出来ます。そしてカイトのポジションで力を得る事のできる修得する事により、カイトに力を与えるの事の出来る操作等をしてあまり力を必要とせずに行なう事が出来ます。
すべてはカイト操作や経験!知識の成熟度により、より少ない体力で行なう事が出来ます。

あるカイト協会の大会のチャンプは16才の男の子ですし、女性の2位はなんと12歳の女の子です。


  ・・・12才の女の子の体力で出来るようなスポーツなのです。
     何も特別な体力も技術も何も必要有りません!
 
 
風や海、また空や雲の状態を見てこれからどのような状況が起こるか予想が出来るので、危険な状態を避ける事が出来ます。また、その見切りが出来るようになれば、逆に安全に行なえる事が出来ますし上達出来る環境で楽しく出来ます。
自分の体力や経験・知識・技術に見合ったコンディションで行なえるでしょう。
 
 
上記の1,2,3,が出来るようになれば、もう間違いなくカイトボーダーになる事が出来るはずです。
そうしたら、水上の上を滑るように走る事が出来るでしょう。
私の知る限りでは、カイトボードは一番道具が少なく、自分の体だけで走れるような体感を得られ、本当に自由な楽しい爽快感を得る事が出来るはずです。
また、走ることのみならず、5mを超えるようなジャンプが出来たり、波乗りを楽しんだりと楽しみ方は色々有ります。自分の思い思いのスタイルを楽しめるはずです。